予定外でお金が必要になる事ってたくさんありますよね。会社の飲み会で先輩らしく後輩達の分を出したり、子供の授業料や習い事。時には故障した車の修理代、車検代、税金、葬式の香典代などなど。そんないきなりの出費時に役に立つのが即日キャッシングです!しかし、家族に内緒で借りたい、フリーターだけど借りれるのか?無職だけど大丈夫?学生でも借りれるのか?など疑問はたくさんありますね。ここではタイプ別に即日キャッシングメソッドをお教えしましょう!

即日キャッシングでの注意点

即日振込希望の場合

銀行口座へ直接振り込んでもらいたい場合はどんなに遅くても14時50分までに契約を終わらせておく必要があります。これは銀行の営業時間が関係してきます。出来れば余裕を持って午前中までには申し込みを終えておきたいですね。 提携先銀行口座をお持ちであれば時間外でも即日振込みでのキャッシングが可能です。業者によって銀行口座が特定されているので事前に調べておきましょう。

内緒でキャッシングしたい場合

同居している親、もしくは旦那や嫁など家族にバレずに内緒でキャッシング利用したい人はネット申し込みをしてweb完結出来るようにしておく事です。こうする事で明細や契約書が郵送される事はありません。しかし、返済を延滞した場合は通知が届きますので注意が必要です。せっかく内緒でキャッシング出来るように申し込んでも意味がなくなってしまいます。

土日や祝日、時間外でキャッシングの場合

土日や祝日、夜遅めの時間になるとどこの業者も営業は終わっているので申し込みをしても審査回答が翌営業日になってしまうのでキャッシング出来るのが最短でもそれからになってしまいます。これでは急にお金が必要な場合は対応が出来ません。しかし、そんな場合でも即日キャッシングする事が出来ます。その場合は無人の自動契約機がある場所に行ってカードを受け取りに行く必要があります。申し込みはスマホや携帯からしておきカードを受け取りに行くのがベストです。契約機に行って申し込みをしていては回答が出るまで待たなくてはなりません。即日振込みの場合と同様に提携先銀行口座があれば現地に行かなくても融資可能です。

消費者金融VS銀行

キャッシングするにも消費者金融系カードローンなのか、それとも銀行系カードローンにするのか?があります。もちろんお金を借りる事自体には変わりはありませんが、本当に急ぎで即日キャッシングをするなら消費者金融系カードローンをおすすめします。どちらにもメリットやデメリットはありますが、スピード重視は圧倒的に消費者金融系です。また融資金額によっては無利息でキャッシング出来るところもあるので魅力的です。しかし、銀行系も金利が安く総量規制外なので融資金額に縛りはありません。消費者金融系か銀行系かは用途によって選ぶのが良いでしょう。ある程度まとまった金額を借りるなら銀行系が良いでしょうし、無利息で借りたいなら消費者金融系、専業主婦なら銀行系しか選択肢はありませんが、このように選んでおくと失敗せずに即日キャッシングが可能です。

合わせて読んでおきたい関連情報

  • 消費者金融においての一括返済をするメリット・デメリット
  • 大手消費者金融と大手銀行の審査について
  • 消費者金融比較ランキング|ネット申し込み可能で人気の業者
  • 消費者金融の利用者と利率や利息について
  • 消費者金融を利用して車のローンが組めないなどの影響について
  • 消費者金融における多重債務と担保について