消費者金融で借り入れ可能な限度額

消費者金融のHPなどを確認すると、最大でいくらまでの融資が可能等の融資額の限度額の記載があるかと思います。しかし、実際にはそのHPに記載のある満額までの金額は借り入れすることができません。その理由としては、貸金業法にて定められている総量規制という法律があるからです。総量規制によって貸し付け可能な最大額は各個人によって差があり、年収の三分の一までの借用までが認められています。そのため例えば500万の融資を受けたい場合は、年収が1500万以上あることが条件となります。

消費者金融の借入限度額についての説明

消費者金融を利用する場合には、借入限度額の存在が問題になってきます。借入限度額は利用者が、最大でいくらまで借りることができるかと言った金額であり、それ以上の金額はキャッシングできなくなります。 ですので、消費者金融を利用する場合はそのような借り入れ限度額について、いったいいくらまで融資をしてもらうことができるのか把握しておくことが重要です。 そうすれば、いざ借りたいときに限度額がいっぱいになっていて借りられないということもなくなってきます。