消費者金融の時効は何年か

消費者金融の時効は、業者によって異なります。どう分けられているかというと、その業者が法人か個人かです。法人の場合は5年。個人の場合は10年が時効期間です。ただし、途中で裁判手続きがされた場合、法人であっても、そのときから10年に変わります。時効は、「援用」といってその効果を発生させる意思表示がされるまで、時効の効果は発生しません。ですので、10年以上経っていても、時効援用の意思表示をきちんとしませんと、請求されること自体は合法ということになります。

消費者金融の時効について

消費者金融からお金を借りていて5年たつと時効になります。 しかし、時効になったからと自動的に借金の支払いがなくなるわけではありません。時効を有効にするには自ら消費者金融に対して時効になったので支払いの義務がなくなったので払いません。と通知をして初めて有効になります。借金が無くなったとしてもこの事はいわゆるブラックリストにも事故記録として残り、ご自身の信用問題にもなってくるので、簡単に時効まで払わず逃げてしまえばと思わずに借り入れの際には返済のことまで考えて計画的に借入をしましょう。