消費者金融のキャッシング金利について

消費者金融のメリットは即日でお金を貸してもらえることです。 でも、金利が高いというイメージがあると思います。 消費者金融は審査が通りやすいけれど銀行のカードローンと比べると金利が高くて大変です。 30万円を1か月間借りた場合実行年率18%で利息が約4500円です。 100万円借りた場合は約1万5000円です。 利息を払い続けるのはとても大変なことです。 せっかく働いたお金を大切にするためにも期日までにきちんと返済することが大切です。

消費者金融の金利についてその2

そもそも金利とは、お金を借りる側が貸す側に払う料金を年率に換算したものです。お金を1年間借りた場合、支払わなければならない料金比率とも言えます。例をあげると、金利15パーセントで100万円を1年間借りた場合は15万円を合わせた115万円を返済することになります。  利息制限法という法律で上限は決められており、その値を超えると法律違反となります。利息制限法の上限を超えた金利での貸し付けは、行政処分の対象にもなります。  消費者金融の金利は幅が広く設定されていますが、初回契約では最大金利が適応される場合がほとんどです。下限利率だけで判断するのではなく、上限の利率にも目を向けてください。