消費者金融の利用者傾向

消費者金融の利用者は、幅広い年齢の方が利用しています。 利用者といっても皆さん色々な理由があり利用しています。 きちんとした理由があって利用するのは反対しません。 しかし現に消費者金融の利用者は、いとも簡単に現金が手元にくる訳ですから、ちょっと生活が苦しいと感じたり欲しい物があったりすると、借り入れしてしまいます。 自らのお金に対する感覚というものがおかしくなります。 全ての方が層だとは限りませんが、出来れば利用者にはならないほうが良いと感じています。

消費者金融の利用者のついては、一般的にお金に困った方が利用します。 そのような消費者金融を利用すれば、キャッシングして現金を借りることができるからです。 また、消費者金融は銀行などでローンの審査が通らなかったり、普通の金融機関で借り入れができなかった人などの利用も多いです。 その理由としては、比較的簡単に融資を行ってもらえるからであり、消費者金融の中にはたとえブラック扱いになった人でも借りられるお店もあったりします。

消費者金融のアイフルのキャッシグローンの利用限度額と貸付利率

消費者金融のアイフルのキャッシングローンの貸付対象となるのは、申し込み時の年齢が満20歳以上で給与収入などの安定した収入および返済能力をもち、尚且つアイフルの基準を満たす方を貸付対象者としています。 契約後の利用限度額は最大500万円までとなっており、利用限度額が50万円を超える場合や他社からの借入れ金額を含めた借入総額が100万円を超える場合に関しては契約者の源泉徴収票などの収入証明書が必要となります。 貸付利率に関しては4.5%~18.0%(実質年率)となります。

新生銀行グループの消費者金融の「ノーローン」の商品概要として、利用限度額は1万円~300万円までとなっており、希望額が50万円を超える場合に関して源泉徴収票などの所得証明書が必要となります。 貸付利率に関しては4.9%~18.0%(実質年率)となりますが、ノーローンでは借入日の翌日からの7日間は無利息となっており、実質利息が発生するのは利用の8日目からの超過日数分のみとなります。 また、完済日の翌月以降も1週間無利息となります。

消費者金融の利息は銀行手数料よりも安い

皆さんは消費者金融と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。 お金を借りると高い利息に苦しめられるようなイメージがありますが、実は少額を短期間借りるだけならば、銀行の引き出し手数料よりも利息の方が安いのです。 現在の年利は18パーセントくらいです。月に直すと1.5パーセントになります。 つまり10万円を借りて2日後に返せば、その利息は100円以下になり、ATMの手数料よりも安くて済みます。 知っていると嬉しい消費者金融の裏技です。

消費者金融から借り入れたお金の金利については、以前は利息制限法の上限金利以上で出資法の上限金利未満のいわゆるグレーゾーン金利といわれる範囲で設定されることが一般的でしたが、借入金額が増えるにつれて、重い金利負担から返済が滞り多重債務に陥る利用者が数多くられるようになりました。 この問題が社会問題化したことから法改正がされて、現在は利息制限法の上限金利の範囲内で貸出金利が設定されるようになっています。