消費者金融での多重債務

消費者金融で多重債務になった経験があります。借り入れした時はこれが最後、お給料で返して借金をなくしていくぞと誓っても、足りなくなれば借りる事を繰り返し、終いには限度額いっぱいとなり他社に申し込みをし借り入れしていました。自分のお金の様に使っていたので、すぐに首が回らなくなりました。 多重債務というのは大変怖いものです。人間の感覚を狂わせるので、出来れば消費者金融などは利用しない方が良いと今は思います。

多重債務者というのは、多数の消費者金融で借り入れをしている人のことを指します。そして多重債務者に多いのが、一社で借り入れをしたけどその返済が間に合わずにまた別の会社から借り入れて・・・という自転車操業です。そもそも何社にもわたって借り入れをしてもよいのか?と思いがちですが「事故」さえおこさなければ基本的には大丈夫なようです。 事故というのは、返済期限が過ぎ、督促状等が来てもまだなお払えずにいる状態、つまり滞納のことです。消費者金融を利用するとその取引履歴などが残り、他社からも閲覧が可能ということです。滞納歴があるといわゆるブラックリストというものに載り、他社からの借り入れが難しくなるといった仕組みです。

消費者金融を一度利用するとまるで自分のキャッシュカードからお金を引き出しているような感覚に陥りやすいので、借り入れがどんどん膨らんでいきやすいです。 また消費者金融での多重債務だと金利がとんでもない額になったりもします。なので最近は「ローン一本化」を謳ったシステムも金融会社から提案されています。ローンの一本化をすることで、貸し付ける側には「自分の会社でたくさん借り入れをしてもらえる」、借り入れる側には「多数の会社へ支払う金利が減る」といったお互いのメリットがあるので事故歴のない方の多くは検討、実施をするようです。

多重債務者にとってありがたいシステムが増えたとはいえ、やむを得ず消費者金融を利用する場合はやはり多数の会社から借りることはせず、返済を確実にできるだけの金額の一社から借り入れをすることが大切です。

消費者金融における担保が不要な商品と必要な商品

消費者金融業者が取り扱っている商品のうち、キャッシングとかカードローンと呼ばれる小口融資商品については、原則として借り入れ時に担保を必要としません。また、ビジネスローンと呼ばれる事業性資金の貸付を目的とした商品についても、原則無担保で利用可能です。 担保が必要な商品としては、不動産担保ローンというものがあります。これはその名の通り手持ちの不動産を担保として資金を借り入れるという商品です。キャッシング・カードローン・ビジネスローンに比べると利用限度額が大きく、数千万円単位の借り入れができるのが特徴です。

一般的にローンなどを組むと担保などが必要になってきたりしますが、それは消費者金融の場合はなしで借りることができます。 ですので、わざわざ担保を要しなくても気軽にお金を借りられますし、審査も比較的早いのですぐに融資をしてもらうことができると言った良さがあります。 お金を借りたいけど担保がないという場合は、そんな消費者金融が便利になってくるでしょう。ちなみに、担保がないこともあって、審査もとても早くなっています。